ワンポイントアドバイス


 
イ サ キ
 
 
ヤリイカ
 
 
ヒラメ
 


【潮流】
真潮とは  白浜方面から銚子方面流れる潮
逆潮とは  銚子方面から白浜方面流れる潮

 



【イサキ釣りのアドバイス】


【イサキの基本の道具】


竿30号 負荷2.1m〜2.4m
リール 中型リール
みち糸 PEライン5〜6号
コマセ籠 アンドンビシ60号シャベルビシM60号
サビキを使う時もあるのでサブマリンが有ると良い


【タックルのセット】


ロッドキーパを左、コマセのバケツを右側にすると釣りやすい
コマセカゴは通常はコマセのバケツに入れて置くと良い
ハリスは船縁り順番に並べて置くと良い
〔注〕コマセカゴは絶対に竿先迄まかないこと
〔先糸ナイロンの8号竿の長さに応じて用意すると良い〕


【イサキの釣り方】


リールのカウンターよりラインのマークの方が正確です
船長の指示するタナより5m位深く沈めたら少しづつ
シャクリ上げ一端指示タナで待つそれを2回〜3回繰り返す
2回〜3回誘って来なかった場合はコマセを入れて再度投入


【イサキの取り込み方】


水面迄上がったらロッドキーパに掛け左手で竿を上げ
コマセカゴをバケツの中に入れてからハリスを魚の近く迄たぐり込み
なるべく船に当てないように船内に取り込む
ダブル トリプルの場合は両手で分けて取り込む




【ヤリイカ釣りのアドバイス】

     

【タックル】 竿の長さ1.8m〜3mの80号負荷で先調子 
【リール】 中型電動リール
【ミチ糸】 新素材5号〜6号使用
【仕掛け】 プラヅノ11cm5本〜8本 幹糸6号使用 ハリス3号15cm 


釣り方


【1】 場所に着く迄に、仕掛けを準備しておく
【2】 場所に着いたら船長の合図と同時に素早く投入する
【3】 仕掛けが、底に着いたら糸ふけを取りソフトにシャクッテ誘う
【4】 船長の指示するタナ迄誘って当たりが無ければ再度繰り返す
【5】 一杯乗ったら10m位手動でゆっくりリールを巻いて追い喰いをさせたら
その後は電動で巻き上げる


取り込み方


【1】 水面でイカが見えたらそこで止めてキーパにかけたまま竿を立てる
【2】 上のツノからイカを外し順番にツノを並べて置く
【3】 ヤリイカをバケツの中に入れて置く時はスミをはくので足を下に向けて置くように


    

氷のしかた】


【1】 イカの場合は氷を強く効かせるとイカが固くなり味が落ちるので氷はどほどに
ビニール袋に一杯づつ入れてじかに氷にしない





【ヒラメ釣りのタックルと仕掛けのアドバイス】


  

うねりの有る日  うねりの有る日は船の動きに竿先をあわせる,当たりが来たらヒラメと餌の
イワシが引っ張り合わないように
『ヒラメさん どうぞお食べ下さい』と言う感じで竿先を下げて餌を差し出すような気持ちで竿を構えます。 
一回目ゴッゴッと来ます でもしらんふり 二回目グッグッと来ます でもしらんふり 
三回目グーンと来たら合わせます 慌てずに自分の肩の位置まで竿を柔らかく持っていきます 
ではヒラメさんと喧嘩しないように巻いて下さい。
ビギナーの方へ ヒラメ釣りは比較的難しい釣り物と思われがちですが、決して難しい釣りでは有りません
向こう合わせの釣りなので、のんびりと構えていれば貴方にもチャンスは
すぐ来ます
分からないことは 船頭と助手がなんでも教えます まずは挑戦して下さい


ビギナーの方が良く大物を釣り上げます


【タックル】 竿の長さ2.7m〜3.3mの50号負荷で胴調子
【リール】 中型ドラック調整の良いものミチ糸  新素材5号〜6号使用
【仕掛け】 ハリス6号使用  親針 マルセイゴ17号〜18号ヒネリ  
ステ糸5号使用 孫針 イカリ針6号〜7号使用


        
           

【仕掛けの作り方


先糸8号 約1.5m位 ステ糸1.2mハリス1m 親針と孫針の間隔18cm
【注】  ハリスの誘導式はエサのイワシが泳ぎが悪くエサの痛みが早いので喰いが悪く
     ヒラメの顔を見ない人が多いので使わない方がいいです。



          

【ヒラメの釣り方】


【1】 ヒラメは、死んでるエサには見向きもしませんのでいかに手早く生きのいいまま
投入出来るかが基本です。〔うろこが剥がれないように〕
【2】 竿は、胴調子でなるべく軽く使いなれてる竿がよい〔置き竿はダメ〕
【3】
仕掛けが、底に着いたら1m位上げて下さい 
〔1〕 〔底に着けておくと、当たりも取りづらくエサの弱りも早く喰いも悪い〕
〔2〕 〔イワシの群がいる時は素早く投入し、タナは普段より上〕
【4】 ドラックは手で引っ張って、出る位に調整しておく


【ヒラメの合わせ方】


【1】 ヒラメの当たりが来たら約50cm位送り込み、次の当たりが来る迄待つ
【2】 次の当たりが来ても合わせず、次の当たり迄待つ