平成15年1月15日イサキ稚魚放流報告(放流風景)


H15年1月15日、外房大原沖で千葉県立勝浦高校漁業科の生徒と、外房大原地区を中心に展開する
釣り船有志で結成されている、【キャプテンズネット】(梶 幸男会長、率いる会員23名)が、
協力して、関東圏では初めてというイサキの稚魚放流が実施した。

これは、勝浦高校の3年漁業科、栽培漁業コース生徒10名による総合実習(イサキ放流)
の目標である、
イサキの受精卵から飼育、そして放流という一連の実習の最終段階で、
当日は2万尾のイサキ稚魚が
用意され、キャプテンズネットの会員が力を合わせ、大原沖
3マイルの水深20mの地点に放流された。
キャプテンズネットでは、以前よりヒラメの
減少傾向を危惧して、4年程前より、
資源保護のため釣客から募金を募り、同ネットの
会費の一部を積み立てるなどして放流資金を捻出。
同高校と協力してヒラメの稚魚放流を
行なっている。回数を重ね、ただ単に船上から放流するだけではなく
昨年はヒラメを
海底に直接放すなど、確実に成長させるための知識、技術も向上、放流に成果が着々と上がり
今シーズンの大原沖のヒラメ絶好調の要因のひとつになった事は間違えない所だ
遊漁に携わる現場の
船長達の気概と、水産高校のひたむきな努力が実を結びヒラメの復活、
更にイサキと、
大原沖の海をより豊穣な海に戻し、今後も地元水産業の活性化の一助として要請があれば協力していきたい。

放流事業等の問い合わせ先 : キャプテンズネット事務局(初栄丸)0470−62−2807番

日時   : 平成15年1月15日 14時〜

放流海区 : 大原港 沖合いの漁礁周り水深20m 水温15.3度  航程15分(3マイル)付近
           北緯 35度16分17秒、
           東経140度28分09秒

キャプテンズネットオフィシャルメンバー船20隻

加幸丸 長栄丸 海鷹丸 福栄丸 義丸 秀 丸 福一丸 勝晃丸 喜栄丸 新幸丸

臼井丸 敷嶋丸 熊吉丸 よしえ丸 幸盛丸 初栄丸 卯栄丸 山正丸 明広丸 春栄丸

キャプテンズネット代表 大原港(加幸丸:梶 幸男)会員 23名 

勝浦高等学校長 : 山中 貴         生徒数 :  466名

協力者 勝浦高等学校 栽培漁業コース3年10名

           池原浩二・月岡栄一・新田浩明・村杉和也・長島尚史
                 森 悠介・八代 卓・輿義嘉明・米本明充・山崎慎太郎

放流魚種 イサキ稚魚      

大きさ  平均全長  74.1mm      平均体重 6.5g         数量 20,000尾



イサキ稚魚放流風景
03.1.15 大原沖へ3隻でイサキ稚魚放流
学校からの積み込み
トラックより船の積み込み
メンバーでのバケツリレー
放流船のイケスのイサキ稚魚
体調74.1ミリのイサキ
生徒達の放流作業
初の試みのイサキ放流
初めての太平洋へ
大きくなってね!!


H15年度イサキ中間育成記録 
(H14年08月27日〜H15年01月15日の養成イサキより孵化)

測定日 生後(日) 平均(全長) 平均(体重) 備考
02年09月29日 30日目 19.224 ミリ 測定不能 20尾の測定
02年10月09日 40日目 31.539 ミリ 0.3175 グラム 20尾の測定
02年10月19日 50日目 42.936 ミリ 0.8990 グラム 20尾の測定
02年10月29日 60日目         21尾の測定
02年11月08日 70日目 56.885 ミリ 2.1160 グラム 21尾の測定
02年11月18日 80日目 64.717 ミリ 3.3660 グラム 20尾の測定
02年12月08日 100日目 68.787 ミリ 5.0260 グラム 20尾の測定
03年01月15日 135日目 74.100 ミリ 6.5000 グラム 20尾の測定



        ※キャプテンズといたしましても今後も資源保護のため稚魚放流活動を
      持続していきたいと思います。
我々も稚魚放流資金を積み立てていますが、
      お客様にも更なる御協力のほどを
宜しくお願い致します。

03/01/15