2003年 度 ヒ ラ メとマダイ 稚 魚 放 流 報 告


2003年5月に関東農政局統計情報部発表の(むらとまちの話題)に
今年一月にイサキ稚魚放流が取り上げられました

2003年9月13日(土)に読売新聞朝刊千葉版、千葉日報に記事が載りました

2003年9月29日(月)発売の釣り場速報も掲載してくれます
千葉テレビ、読売新聞、千葉日報釣り場速報、週刊釣りニュース釣り具新聞各社、
稚魚放流記事掲載有り難う御座いました
キャプテンズネットメンバー 一同


平成15年9月10日(水)にキャプテンズネットメンバーと勝浦高校漁業科栽培漁業コース生徒、先生及び関係者70名での協力のもと、
ヒラメ稚魚3万尾とマダイ稚魚5千尾を大原沖(水深5m〜10m)へ放流(船上放流、潜水放流)いたしました。
今回のヒラメ稚魚は一昨年メンバーが釣り上げたヒラメの母胎から卵を孵化させ、勝浦高校漁業科栽培漁業コース及び勝浦水産事務所へ
何度も足を運び
全長130mm〜220mmと今までで最大級かつ良質の稚魚を育てあげ放流する事が出来ました。
また放流した稚魚の生体を観察して行こうと放流前日にはヒラメ稚魚とマダイ稚魚にタグ(標識)打ちを
勝浦高校漁業科栽培漁業コース生徒と
キャプテンズメンバーにより行い、放流当日の
勝浦高校漁業科栽培漁業コースからの稚魚の運搬は11トン、トラックで地元大原の小宮水産に、
船上放流ではメンバー以外の釣船関係者数名にも協力を頂きました。
昨年同様、千葉テレビのニュースや釣り雑誌(つり丸)での取材でも取り上げられ、今年で4年目となりますが大盛況の放流となりました。

また釣り人からの稚魚募金とメンバーによる稚魚積み立て金を今回の放流資金として活用させて頂きました、大変ありがとうございました。
昨年は、かなりの成果が出ていたとおもわれ、今年は更に良質な稚魚を放流出来たと言う事で、私たちも胸をふくらませております。 
また来年上旬にはイサキの稚魚放流も予定しています(10万尾、中間育成中)ので、今後も皆様のご協力のほど、宜しくお願い致します。

※ヒラメ、マダイ稚魚のタグは黄色標識を打ってありますので、この魚を釣り上げた方は船長へお知らせ下さい。


2003年 ヒ ラ メ とマダイ稚 魚 放 流 風景

勝浦高校の生徒、先生達のカゴに
入れての潜水放流
勝浦高校の生徒さん達の船上放流 ダイバーへのヒラメ稚魚の受け渡し作業



ヒ ラ メ とマダイ稚 魚 放 流 までの 流 れ

メンバーによる稚魚のタグ打ち作業 生徒による稚魚のタグ打ち作業 可愛いリボンを付けたよ!
タグを打った18cmのヒラメ稚魚 屋外いけすから移す作業 屋外いけすから大型トラックに
積み込む生徒と、かーちゃん達
かーちゃん達も、暑さにちょっと
バテ気味で〜す。
屋内いけすから移す作業 屋内イケスのマダイ稚魚です
タグを打ち終えたマダイ稚魚です 屋内いけすからバケツリレー作業 地元大原小宮水産の大型トラックに
積み込み作業
生徒さん達とトラックから
放流船への積み込み作業
3年生徒の最後の体験実習 気温32度の炎天下の作業でした
か〜ちゃん、から父ちゃんへの
愛の?バケツリレー
宿のか〜ちゃん達も大ハッスル 船のイケスへ
心をこめて育て上げたヒラメ!
いざ大海へ!!!
大きくなれよ!! 今度は潜水放流ですよ!
こちら、めでたいマダイ放流! こっちもマダイを放流したよ! ヒラメの潜水放流準備
さ〜いくぞ〜! この辺がいいかな〜! やっぱり海は広くていいな〜!
黄色のタグが打ってあるので
釣った人は知らせてね!
今年のヒラメは
ロングラークより大きいよ!
潜水放流無事終了!